気仙沼大島

気仙沼大島

気仙沼大島


大島の東日本大震災前と後の状況の写真が見れる
大島汽船株式会社のビフォー・アフターのページへ。

気仙沼大島の紹介です。ヽ(´ー`)〜 春の桜の季節と、夏真っ盛りのお盆に行って来ました。

 (⌒・⌒)
         

(南三陸の気仙沼市の詳細は、姉妹サイト
"気仙沼案内 「おらほの街に来でけらいん!」"
へどうぞ♪)


 

*春
                      気仙沼大島
                



 う〜ん、暖かな、春が、この南三陸の地にもやってきました。

       



気仙沼大島へは、上の写真の船で行きますが、25分くらいで着きます。
船着き場には、右の写真の立体駐車場が、有ります。


               

                         船  内



この気仙沼大島は、気仙沼湾に浮かぶ、人口、約4000人の島です。
気仙沼大島へ、今回、行きましたのは、桜の花を見に行きたかったからです。



                 



ところが・・・・。


         

こんな、感じで、葉桜のような桜でした。
今年は、花のつきが、悪いと、リフトのオジサンが言ってました。


                       


                
                        リフト乗り場 

あ、リフトですが・・・。この気仙沼大島には、亀山という山が、そびえてまして、
リフトで登れるのですが、いつもなら、リフトの両側が、桜で満開なはずなのですが、
ダメでした・・・。

 
                
        
このような、リフトです・・・春の陽光の中とても気持ちよかったです。

                
  

亀山の中腹は、木々が立ち込めていて、チョイとした森林浴ですねぇ〜。^^


         


 

                

今年の、桜は、この状態から、抜け出させずに、後日、散ったそうです。||||(;-_-)||||
  

         


            

 




         頂  上  駅                       麓
       


リフトは、スキー場のリフトより、のんびりしていまして、しかも、写真の通り、下に
丈夫な金属製の網が、有って、ほとんど低空なので、子供やお年寄りでも安全です。 
 

           

上の写真は、リフトを降りて、右の写真の休憩所の階段を登りきった
ところです。  
ここは、まだ、頂上では、ないのですが、景色は、いいです。 (^_-)-☆

そんで、更に、遊歩道を頂上へ登りますと・・・・

                    
                   遊歩道からの眺め


途中、下の写真のような、景色が、見えてきます。
ここは、大島の東側の唐桑半島とその湾です・・・・・地元在住の僕も
この位置からは、あまり見たことが、ないので「おぉ〜!」と
穏やかな海と、綺麗さに驚いてしまいました。

江戸時代には、ロシアが、このような、暖かな湾を求めて南下したのかなぁ〜
などと、感慨にふけってしまいました。 (ー_ー )ノ"


       


そして、頂上へたどり着きまして、撮ったのが、下の3枚の写真です。


                


               
                 肉眼では、金華山が、うっすらと見えました。


そんで、帰りは、歩いて麓まで帰ろうと思いまして、道路を歩いていきましたが、
実は、この亀山の休憩所までは、車で登れるのです、オフシーズンは、リフトは稼動
していないので車が、必要ですねぇ〜。 (≧∇≦)


         
     
この気仙沼大島は、椿の生産地でも有名でして、道端に椿の木が、有るのですが、
丁度、満開で、桜よりも綺麗でしたので、来たかいが、ありました。

リフトに乗らずこの道を降りていきましたのは、
今回、この亀山と、十八鳴浜 (くぐなりはま)へ行くのが目的だからでした。

道の途中を左折しますと十八鳴浜 (くぐなりはま)へいけます。

                       十八鳴浜 (くぐなりはま)
                      



         
     左の写真を左折してこの道を通ると・・・この右の写真の看板が、見えます。
       

             


この浜は、 長さ200m、幅30mほどの浜で、 浜は黄褐色の石英粒からなっています。
歩くとキュッ!キュッ!と鳴るのです。ε≡≡ヘ( ´∀`)
  

                
           
こんな、感じで、綺麗な、海と砂浜で、人っ子一人居ません、
この海岸へは途中から結構、歩かないといけないので、
観光の最盛期でさえ、来る人が、いるのかなぁ〜と思っちゃいました。
カップルならいいかも?でも、漁をしている船から見えるので、
変なことしちゃぁ〜いけませんよぉ〜。   (-_☆)フフフ

                

そんで、次は、この浜から、延々と歩きまして、
知っている人には、知っている有名な民宿の「アインス くりこ」を一度見たくて行って見ました。
ここは、なぜ、有名かといいすかと言うと、ある世代以上には、わかるかと思いますが、
昔、テレビ番組「欽ドン」というのが有りまして、その一般公募キャラクターとして
大人気を博した
「気仙沼ちゃん」が女将なのです。

                

実際、僕が、種子島宇宙センターへ行っ時のフェリー発着場の近くの
おみやげ物や、中年夫婦が、「気仙沼ちゃん」 を知っていました。
って〜それが、キッカケで、他の場所へ旅行とかで、いった時に、話の種として
一度は、見たくて、見てきましたのです。
ちなみに、種子島のそこの土産屋は、あれ買えこれ買えとうるさいのでホウホウノ呈で
逃げてきました。 (*´Д`;)

 
       

と、まぁー、上の2枚の写真が、外観でして、駐車場は、広かったですし、
建物も民宿として、大きかったです〜儲かっているのでしょうねぇ〜(⌒・⌒)


                次は、名物ばっぱの店です。
                       ↓
              

この店は、船の発着場から歩いて2〜3分のところにあり、そこから見えますので
気軽に行けます。
ここは、よくTV局などに取材され、芸能人や政治家など、有名な人が、来たりして
いて、芸能人達と一緒に撮った写真が、店に所狭しと飾っていました。
知事と衆議院議員との3ショットも有りましたよ。 (^o^)丿

       

肝心の、食事ですが、うぅ〜ん・・・これで、1800円ですかぁ〜?
家で、いつも食べている内容なので・・・都会からの観光客は喜ぶのかな?
隣の、客が食べていた、700円の焼肉定食の方が、うまそうでした。 (*´д`*)

          
     
まぁ〜、この店は、"名物"ばっぱのキャラで有名だそうで・・・・確かにおもしろい
ばっぱでした。
実は、今回行く前に一度、大島へ渡ったのですが、この店の前をうろつてたら
ばっばにキャッチセールス(笑)されちゃって、入ったのですが、土産物にどんどん
オマケをつけるから、どうだべ?とか・・・ってここで、買うと安いみたいです。

コーヒー飲んで!って言われて、タダでインスタントコーヒーを飲みながら、世間話を
して帰ってきたのですが、その時にメニューに書いてあった、三陸定食(だっけ?)
が、目に留まり、次回、来たら食べてみようと思い行ったのですが、残念な結果でした。

ばっぱの接客は、面白いので良いのですが、息子?と嫁?は・・・ん〜?
ここと同じような感じでした(笑)
    ↓
「UFOふれあい館」


あと、船乗り場からチョっと、歩いたところに、甘茶屋があります。

                  


               
                                       店の裏の方

   ソフトやアンミツなど、甘いものや、ビール等のお酒も販売しています。


        

   左の写真は、リフト乗り場前の、観光案内所です。
   ここで、聞けば、大島のことは、なんでもわかるみたいです。
  
   右の写真は、土産物屋?(忘れました。)の前に立っていた、夫婦狸?
   意味が、わかりません。(爆)


*夏

夏です。

夏は、同じリフトに乗っても、咲いている花が、違いますので、景色が、
変わりますね。


        


                
              

  
        

       ひまわりが、綺麗でした。             あじさい?

             
                

                    こんなに、ひまわりが・・・。

        



                


        

          大島の海水浴場

       


        

  
  このような、感じで、春とは、また違い、太陽と緑が、眩しかったです。


                 

 
         



                 

 帰りは、時間的に、普通のフェリーに乗れませんでしたので、
 カーフェリーで帰ってきました。



          

 
   カモメが、沢山飛んでいました・・・。

   夏は、多いみたいです。


        


  船には、カッパエビセンが、売って有ってそれで、餌付けできます。


        


   カーフェリーの発着所(右)は、通常のフェリーと違いますので、お間違いないように!!







                     

   

当サイト カーシェアリング
入会数 ランキング!

2017年5月26日 PM04:16
             現在

保険費用込み・ガソリンの満タン返し不要。車種も新型プリウスなどのエコカーや、ウイングロードなど少し大きめなクルマ、また街乗りに最適なフィットなど20種類用意!


・料金はシンプル。15分200円から。月額基本料1,000円に無料利用分1,000円分がついてくる ・全国のTimesで利用できる ・エコカーから輸入車まで多彩な車種に乗れる


メニュー


TOPページ


オープンカーの楽しみ方


オープンカーについての不安への回答


オープンカーに乗るときのファッション


ゴルフカブリオレV型の幌の開閉の仕方


 ゴルフカブリオレの幌のメンテナンスのコツ


 ポルシェ博士が創案したVW社の歴史
  (戦前・戦中)



 VW社の歴史(戦後)


 VW社の歴史
 (ドイツ車〜世界進出本格化)



 VW社の歴史
(ゴルフの誕生〜世界を制する)


 VWとBMWが、ロールスロイスを買収


 歴代のゴルフカブリオレ


 気になるゴルフGTI


 ゴルフカブリオレのミニチュア


 VWの新型オープンカーVWイオス


EOS試乗記


 各国のオープンカー


 オープンカーの本


 BMWの2輪車


 アウトバーンについて


省エネグツズ



 ドイツ料理について


ドイツ料理の本


ドイツビールについて


ドイツビールの種類について


ドイツパンについて


ドイツのレストラン事情


オススメのドイツ料理
             レストラン



  ドイツ料理のレシピ
      
ジャーマンポテト


ザワークラウト


アイスバイン


ドイツ風揚げイワシのマリネ


シュトレン


バームクーヘン


(澄ましバター)

     
  ドイツ料理のレシピ



B級スポット


青森県の観光地

岩手県の観光地

宮城県の観光地

福島県の観光地

鳥取県の観光地

熊本県の観光地


ラーメン屋情報


  東京プレイスポット
        ↓
 六本木ヒルズツアー


 巣鴨散策



 気仙沼巡り


 三陸海岸小旅行


    投資情報
       ↓
 ベトナム株口座開設


 ベトナム観光



    温泉情報
       ↓
 温泉について

 温泉とはなにか?

 温泉の効能

 一味違う入浴法

 病気に効く温泉リンク集

 青森県の温泉

 岩手県の温泉

 宮城県の温泉

 福島県の温泉

 東京の温泉

 九州の温泉



   宇宙について
      

種子島宇宙センター

筑波宇宙センター

スペース・アップルよいち



 リンク集


 オープンカーのリンク集


 ゴルフのリンク集


 VW車のリンク集


 ベンツのリンク集


 BMWのリンク集


 アウディのリンク集


 ドイツ車のリンク集


 北欧車のリンク集


 フランス車リンク集


 イタリア車のリンク集


 イタリア車のリンク集2


 アメ車のリンク集


 アメ車のリンク集2


 英国車のリンク集


 英国車のリンク集2


 日本車のリンク集


 日本車のリンク集2


 日本車のリンク集3


 日本車のリンク集4


 その他の車のリンク
   集



 その他の車のリンク
   集2



その他の車のリンク
   集3



車、バイク関連のお店の
   リンク集



 バイクのリンク集


 バイクのリンク集2


 温泉のリンク集1


 温泉のリンク集2


 旅行のリンク集


 旅行のリンク集2


 旅行のリンク集3


 旅行のリンク集4


 旅行のリンク集5


 料理のリンク集


 投資に関するリンク集


 宇宙に関するリンク集


 お役立ちリンク集


 お役立ちリンク集2



 リンクについて





 プロフィール
Copyright (C)  All Rights Reserved