オープンカーの楽しみ方

オープンカーで走る楽しみ・・・それは、アメリカ西海岸、カリフォルニアのようなカラッとした気候の下、青い空・青い海を肌で感じて走ること・・・と想像しますよね。

僕も、走ってみたいです。アメリカに行ったことはないですが。^^;

              

日本では、オープン走行は、現実には、不快な日が多いかもしれません。

梅雨はあるし、夏は蒸し暑いし・・・冬は寒いし・・・。

でも、日本の気候は、四季があります。オープンカーでドライブすると本当に四季を肌で感じ、四季の変化が、楽しみになります。

さすがに雨の日や真夏の日中はオープンで走るわけにはいきませんが・・・。

四季を感じて走りましょう。

                   

その四季の中でもベストなシーズンは、 秋から初冬にかけての少し肌寒く感じる季節が、オープンで走るのには最高の季節だと思います。

一般的に夏が良いイメージが有りますが、 日本の真夏の日中にオープンで 走ったら 、間違いなく脱水症状を起こしてしまうでしょう。

春もいいですね。この季節はなんとなくゆったりした気分になり、オープンでのドライブも自然にのん びりペースになります。
 
夏は、好き嫌いがあるとは思いますが、蒸し暑い夏の夜のオープンドライブはなかなかのものです。
  
こういう風に書いてみると、真冬以外、ほとんど楽しめますね

僕は、オープンカーに乗っているせいか、日焼けで肌が黒いです。

太陽が出ていない曇りの日でも結構焼けます。

特に女性の方は気をつけましょう。

目的地までの移動を楽しむことが、目的地に行くことと同じぐらい、オープンでのドライブの醍醐味です。
 
高速道路を走るのもいいですが、比較的すいている一般道を走るといいですよ~。
 
また、オープンで、知らない街を走るのはとても楽しいものです。

その街の持っている雰囲気までもが伝わってくるように感じます。

オープンでシーンとした森の中を走るとき、風に揺れる木々の音、小鳥のさえずりが、聞こえてきます。

また、街を走ると、人の声、街のざわめきが聞こえてきます。

カーオーディオを消して、走ってみましょう。

そこにはいつもと違う”ドライブ”があります。

オープンカーは車種にもよりますが、多かれ少なかれ風の巻き込みがあります。
(風の巻き込みとは、風が後方から前方へ戻ってくる状態です。)

オープンでの気持ち良さについついスピードも上がりがちになりますが、髪の長い人は、ぼさぼさになりますので気お付けましょう。


楽しいオープンライフを満喫しましょう。(^o^)丿

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする